都心から地域に移住するには、どこがおすすめでしょうか。アウトドア雑誌「ランドネ」を参考に考えてみました。アウトドア、本の紹介

こんにちは、びわ湖のほとりでのんびり暮らしている働男です。 私の投稿に興味をもっていただきありがとうございます。 楽しんでいただけたら幸いです。
「ランドネ20203月号」は、移住計画が特集されていました。
滋賀県大津市は、そんなに都心部という感じでも無いですし、アウトドアを楽しめるフィールドも沢山ありますので、移住する。という事を意識した事は、無いのですが、今回いつもとは、少し違うランドネを楽しく拝読させていただきました。
移住する。という事に興味がある方もいらっしゃると思いますので、「ランドネ20203月号」の内容を紹介させていただきます。
移住計画等が、特集されていましたが、登山、キャンプ等のアウトドア情報もいつも通り紹介されておりますので、ご安心下さい。



Screenshot_20200127-203848.png

移住に関する特集記事の主な内容

「もし、この街に住んだとしたら」というテーマで、信州の白馬の情報が紹介されております。

「暮らしのインタビュー」として、長野県松本市に移住したエッセイストの方、ご夫婦で温泉を始めた方、民泊を始めた方にインタビューした内容が紹介されています。

「暮らしたくなる街の情報」として、長野県松本市等の移住サポート情報等が紹介されています。

「移住リアルボイス」として、ランドネお楽しみ隊のみなさんのアンケート結果等、移住するためのリアルな意見が紹介されています。

それ以外にも、実際に移住されている方の体験談、秋田の「シェアビレッジ」等の取り組みが紹介されています。

本を読んだ感想

今回のランドネさんは、かなり具体的に移住について、調査されており、将来移住しようと思っている方には、大変参考になると思います。

私は、白馬が大好きなので、今回は移住関連だけでなく、白馬のおすすめ観光情報やおすすめの宿等が紹介されていましたので、それだけでも読んでて、面白かったです。
紹介されているカフェは、今度是非とも行ってみようと思います。

それ以外にも、鳥取の魅力や全国の低山ハイキング等、いつものランドネらしい紹介記事も面白かったです。

いつもと違う移住関連の記事と、いつもと同じアウトドアの記事の両方楽しめたので、いつも以上に面白かったので、紹介させていただきます。

Amazon Kindle Unlimitedの読み放題対象です。 契約されている方で、興味がある方は、是非とも読んでみて下さい。

この記事へのコメント

「本の紹介」で紹介した本の中から、私のおすすめの本を紹介します。
「マザーテレサ 愛の花束」
たかのてるこさんの「生きるって、なに!」
詩「日野原重明」、絵「いわさきちひろ」の合作「しかえししないよ」
「チーズはどこへ消えた?」
「ぼくにはなにもない」
「なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?」
「世界一やさしい「思考法」の本、「考える2人」の物語」”」
「子供を叱り続ける人が知らない5つの原則」
「いじめで子供が壊れる前に」
「学校はいかなくてもいい”親子で読みたい「正しい不登校のやり方」”」